中古パソコンは寛大な心を持って買った方が安心

デュアルディスプレイ

中古パソコンは新品パソコンよりも安く購入できますが、あくまで中古品です。特に、ノートパソコンのバッテリーに関しては既に劣化済みであると認識しておく必要があります。持ち歩く必要がなければACアダプターがあるので問題ありません。しかし、持ち歩く必要がある人は、バッテリーにかかる料金も加味した上で、中古パソコンを購入検討する必要があります。
自分で簡単に取り外しが可能なバッテリーもあります。純正品のバッテリーの相場は8千円~2万円程度ですが、古すぎる型の時はバッテリーも廃盤になっていることもあるので、中古パソコンを購入する前に確認しておくことが必要です。
また、純正品のバッテリーではなく、互換性のあるバッテリーで良いと考える場合は、2~3千円程度で購入することができます。しかし、メーカー保証はついていないので、万が一、不具合が起こってしまった場合も補償されません。また、内臓タイプのバッテリーの場合は、メーカーに修理に出す費用があります。
その際の相場は、往復の送料も含め1万5千円~2万5千円です。メーカーでなくても、内臓バッテリーの交換をしてくれるパソコン修理専門店もあり、相場はおおよそ1万円程度となっています。専門通販で購入する際は、写真でしか商品を確認できない上に、記載されている情報が限られているので、バッテリーの交換方法がどのタイプか確認しておくことが必要です。

最新の記事